1日26時間
祝40万ヒットです。週3~4更新です。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カイジ


ナギのマンガタッチパプワ君に似てね?
とりあえずOPトークネタ一つもわからなかったwww

ハヤテは人生経験豊富な子っ!まんまカイジが出てくるとは思わなんだ。
ざわ・・・ざわ・・・

赤い執事


メイド暴君。これはひどい。
なにがひどいってクラウスの扱いががg
数少ない大塚さんのモノマネが出来る人なのに・・・


キャベツwww


キャベツはマズイんじゃないか?わざと作画崩壊起こすとはwww
まぁ今回はガンダムネタが多かったと言うことでネタがわからんかった店が多かったぜ。
エロゲネタかむん!!

スポンサーサイト
【終了】ハヤテのごとく! | トラックバック:10 | コメント:0 |
ブログランキング
        ↑           ↑               ↑
管理人の士気を上げるためにもランキングにご協力を!!
Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasyachi.blog90.fc2.com/tb.php/221-45770c31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
さすがにナギの漫画で30分はマジで勘弁。ハヤテのごとくのことだから本当に30分間ナギの漫画だったらどうしようかとガクブルしてしまった。冗談でよかったヽ(´ー`)ノナギの漫画の主人公の後姿を見ててっきり西沢か
2007/07/23(月) 19:30:46 | アニメでお送りいたします HQ.tar.gz 
今回は、ナギが人生経験を積もうとするお話でした。経験の内容は人それぞれ、全てが人生経験だと思いつつ。やっぱり一般受けする漫画に必要な経験があるのは確かなんでしょう。アバンはいきなり何事かと思いましたよ(笑)。別に30分ナギの漫画でも全然構わない....
2007/07/23(月) 20:43:02 | パズライズ日記
なんで、このタイミングでこの話をもってくるのかというのがそもそも謎。唐突すぎませんかね? しかも、このネタ、テレビで放送するのは結構キツい気がする。幾らナギが非常識でもあぁいう掃除の仕方はしねーだろって感じ
2007/07/23(月) 20:58:51 | Kazu'Sの戯言Blog(新館)
ハヤテのごとく!第17話、「あなたのためにメイっぱいナギ倒します」。「漫画で何の賞も獲れないのは人生経験が足りないからだそうだ!」ナギが経験値を上げるために普段やらないことをやってみるということでマリア
2007/07/23(月) 21:59:09 | おちゃつのちょっとマイルドなblog
17回目を記念してマジカルデストロイを・・・ってギャ―――!!!てかアバンからピー音多すぎるよ! KOTOKOさん直前までwwwwまぁこのままマジカルデストロイやったら確実にSOS団超監督を凌ぐカオスにはな
2007/07/23(月) 22:12:56 | ラピスラズリに願いを
経験の差が、決定的な戦力の差――!?アバンで、ナギの超マンガきたー(笑)放送事故か、打ちきりネタか…ひどい言われよう(^^;どー見ても魔女っ子ものに見えない超絶レベルの作品。それで賞を取ろうなんて道理が
2007/07/23(月) 22:40:00 | SERA@らくblog
ウソみたいだろ…キャベツなんだぜ、これ。
2007/07/24(火) 01:50:57 | bkw floor
ハヤテのごとく! 02ナギは憤慨していた。なぜか?それは、マンガ賞に落選したからだ。しかも、審査員より「人生経験が足りないから」とコメントされる始末。自分に足りないもの・・考えたナギは人生経験の豊富そうなハヤテに色々聞いてみることにした・・・。
2007/07/24(火) 15:57:13 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
ハヤテのごとく!  現時点での評価:3.0~  [ラブコメ ギャグ漫画]  テレビ東京系 : 04/01 10:00  AT-X : 04/22 07:30~  原作 : 畑健二郎(『週刊少年サンデー』連載中)  監督 : 川口敬一郎  キャラデザ : 堀内修  シリーズ構成:猪...
2007/07/27(金) 09:24:24 | アニメって本当に面白いですね。
ハヤテのごとく!ハヤテのごとく!は、畑健二郎の漫画。週刊少年サンデー2004年45号から連載されている。ラブコメディーの体裁をとっているがギャグ要素が非常に強く、伏せ字を用い他の事象(主にサブカル)を揶揄するブラックユーモア的手法がよく採られる。1話完結的な物語
2007/07/29(日) 21:23:26 | このマンガが読みたい!